コラム

  • TOP
  • コラム
  • 簡単な対策で改善できる!?寒い季節を快適に過ごすオススメの冷え対策

簡単な対策で改善できる!?寒い季節を快適に過ごすオススメの冷え対策

2024.01.22 #健康法 #美容

暖冬だと思われた今冬も、1月に入ってからは一段と気温が下がる日が増えてきました。

外出時にコートやマフラーを着込むなど、体温調節に気をつけている方も多いと思いますが、実は、家の中でも冷えを感じている方は意外に多いのではないでしょうか。

冷えは、肩こり、腰痛、頭痛、疲労感などの原因となるだけでなく、免疫力の低下にもつながります。
そのため、体を温めることは、健康維持のためにも大切です。

特に女性の多くは、ホルモンバランスの変化や運動不足、ストレスなどにより、冷えを感じやすくなります。

今回は「体を温める」ことをテーマに、い季節を快適に過ごすための温活術をご紹介します。
寒さは3月、4月まで続きますので、少しでも快適に、寒さを乗り越えるための参考になればと思います。

簡単な対策で改善できる!?寒い季節を快適に過ごすオススメの冷え対策|ヘルスケアWebコラム

冷えの原因とは

寒い季節は、誰でも冷えを感じやすくなりますが、最近は若い方でも多くの女性が冷えを感じやすくなっているようです。

冷えを感じやすい理由として、ホルモンバランスの変化や運動不足、ストレスなどが挙げられます。
これらの原因により、肩こりや腰痛、頭痛、疲労感、肌荒れ、便秘などの症状が現れることも。

また、冷えは免疫力の低下にもつながるため、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまいます。

冷えの原因となりうる要因をご紹介しましょう。

■食生活

食生活が偏っていると、体温を維持するために必要な栄養素が不足しがちです。
特に、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足すると、冷えにつながると考えられています。

■睡眠不足

睡眠不足により、自律神経のバランスが乱れることで、血行が悪くなることも。
また、睡眠中に分泌される成長ホルモンには、体温調節機能を高める働きがあるため、睡眠不足になることで、体温調節機能が低下することもあります。

■服装

体の冷えを防ぐためには、適切な服装をすることが大切です。
特に、冷えやすい手足や首回りは、しっかりと温めるようにしましょう。

■生活習慣

喫煙や飲酒、長風呂なども、冷えの原因となる可能性があります。

■ホルモンバランス

女性は、20代後半から30代前半にかけて、卵巣の働きが低下し始めます。
そのため、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌量が減少することで、冷えを感じやすくなるのです。

■運動不足

運動をすると、筋肉が収縮することで熱が発生します。
しかし、運動不足で体を動かさなくなると、血行が悪くなり、冷えを感じることがあります。

■ストレス

ストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れ、血行が悪くなります。
また、ストレスホルモンが分泌されることにより、体温調節機能が低下してしまうことも。

 

身近な冷えの原因として上記のようなことが考えられますが、病気が原因で冷えを感じている場合もあります。
たとえば、甲状腺機能低下症や貧血などの病気は、冷えを引き起こすことがありますので、まずは原因を特定することが大切です。

簡単な対策で改善できる!?寒い季節を快適に過ごすオススメの冷え対策|ヘルスケアWebコラム

体を温める方法

では、冷えを改善するためにどのようなことを行えばよいでしょうか。

日頃から冷えを感じている方、特に女性にオススメの体を温める方法をご紹介します。

日常生活の中でできる方法

■湯船にゆっくり浸かる

湯船にゆっくり浸かることで、全身の血行が促進され、体が温まります。湯温は40〜42℃程度が目安です。
また、長湯は逆効果になるため、15〜20分程度を目安にしましょう。

■体を締め付けない服装を心がける

体を締め付ける服装は、血行を悪くする原因となります。そのため、ゆったりとした服装を心がけましょう。

■適度な運動をする

運動をすることで、筋肉が収縮し、熱が発生します。また、運動によって血行が促進され、体が温まります。ウォーキングやヨガなどの軽い運動から始めるとよいでしょう。

■バランスのよい食事を心がける

体を温めるためには、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しないように、バランスのよい食事を心がけましょう。

体を温めるグッズやアイテムを使う方法

■レッグウォーマーや腹巻き

レッグウォーマーや腹巻きなどの温活グッズを活用することで、冷えやすい手足やお腹を温めることができます。

■カイロや電気毛布

カイロや電気毛布は、冷えやすい手足やお腹を温めるのに効果的です。ただし、使いすぎに注意しましょう。

■ホットアイマスク

ホットアイマスクは、目の周りを温めることで、目の疲れや肩こりなどの解消にも効果的です。

■足湯

足湯で足元を温めることで、全身の血行を促進し、体を温めることができます。

簡単な対策で改善できる!?寒い季節を快適に過ごすオススメの冷え対策|ヘルスケアWebコラム

体を温める食事や飲み物

■体を温める食材を積極的に摂る

生姜やねぎ、大根などの体を温める食材には、体を温める効果のある成分が含まれています。

■温かい飲み物を飲む

白湯や生姜湯、紅茶、ココアなどの温かい飲み物は、体内を温める効果があります。

 

女性で、特に30代〜40代になるとホルモンバランスの変化や運動不足、ストレスなどの原因が重なることが多いため、これらの原因を改善することが、冷え対策の第一歩となります。

また、日常生活の中でできる方法や、体を温めるグッズやアイテムを活用するなど、さまざまな方法を組み合わせて、効果的な冷え対策を心がけましょう。

簡単な対策で改善できる!?寒い季節を快適に過ごすオススメの冷え対策|ヘルスケアWebコラム

まとめ

今回は、「冷え」に着目し、冷えが体にもたらす影響から温め方までを見てきました。

寒い季節は、誰でも冷えを感じやすくなりますが、特に女性の多くは、冷えを感じやすい傾向にあります。
冷えは、肩こり、腰痛、頭痛、疲労感、肌荒れ、便秘などの症状の原因となるだけでなく、免疫力の低下にもつながるため、注意が必要です。

冷えを予防や改善するためには、日常生活の中でできる方法、体を温めるグッズやアイテムを使う方法、体を温める食事や飲み物などがあります。
できることから始め、無理なく継続していくことが大切です。これらの方法を組み合わせて、効果的な冷え対策を心がけましょう。

全国対応可能

ホームページ制作に関するご要望やお⾒積りなど、お気軽にお問い合わせください。
ヘルスケアWebでは、ライバル調査などの結果を踏まえ、
お客様のホームページの⽬的に沿ったプランをご⽤意させていただきます。

close

動画制作サービス
電話受付時間:平⽇9:00〜18:00 03-3263-0718 メールで
無料相談